「皿回しは、日本を救う」という確信

食生活、睡眠、ディスプレイへの暴露、など現代の子ども達が置かれている環境は子どもが心身ともに成熟した大人に成長して行くための環境としては決して良いものとは言えません。
そんな中にはディスプレイ関係に代表されるような「して欲しくない事」と、睡眠不足に代表されるような「して欲しいのに、足りていない事」に大別されるが、かつては当たり前になされていた「仲間との遊び」という社会的な成長に欠かせない部分が、大きく損なわれている現実には脅威を感じます。

個人化、電子化といった流れによって、かつては日本中で散見された伝承遊びも、すでに現代の子育て世代への伝承は途絶えており、遊びの中で身につけるべき「頑張ること」「努力すること」「失敗を恐れないこと」「協力すること」「ルールを守ること」「我慢すること」「へこたれないこと」「思いやること」「自信を持つこと」といった課題もなされないままに大人になって行きます。適切な子育てを受けずに大人になってしまった人は、我が子に適切な子育てはできません。このまま放っておけば止め処なく増え続ける「単位不足」の大人の拡大再生産を食い止めるためには、まずは大人自身に遊ぶことの意義と楽しさを知ってもらうところから全てが始まるという論理には大きく共感します。世の中の真理として、「自分が楽しくなければ、相手を楽しませることはできない」というものがあります。
「楽しいもの」という大前提の土台にのって、五感を駆使して「遊び」と「遊び心」身につける事はとても大切であることは疑う余地もないのですが、果たしてそれが実現可能であるかという視点では「できるかな?」という思いもありました。

今回子育て世代を通り越して、じじばば世代さえ混じる会場において会場中で皆さんが真剣に皿回しをする姿を見て、「ぜんぜんイケるじゃん!」という思いを持ちました。
取りそこなった「遊び」という単位は、何才になってからでも取得可能であり、取得した次の瞬間から次世代への伝承が可能になるという事が実証されたシンポジウムのひとコマでした。
演者はそのような空間から生み出されるものを「大人」「子ども」「遊び」の三者の関係性から考えているようで、「安全基地」「甘え」「間主観性」というキーワードで説明をしています。

大人と子どもが交流する場をボルヴィーの愛着理論に基づいて「安全基地」としてとらえ、場の中での関係性を土居健郎の「甘え」の理論や、精神看護分野の「ペプロウ理論」における「他人を頼りにすること」「身をゆだねること」と同じような感覚でとらえ、以前にNHKで放送された北山修先生の最後の授業でも強調されたポイントである、外の事物を大人と子どもが共に見て経験して、情緒的で非言語的な「この世界は、楽しい所だよ」という事物を介しての二者間内交流の醸成に至るというところまで意識して遊びの世界を捉えていることには大きな驚きを感じました。

総会フォーラムが終わって、早速近所の児童館に皿回しセットを持って遊びに行きました。
まずは先生達が楽しそうに悔しそうにクルクルと回し始め、それを見ていたツッパリ系の中学生が「やらせてっ!」と回し始め、その後はあっという間に先生達を追い越して楽しく遊び出し、そうこうするうちに学校帰りの高校生が合流して大盛り上がりでした。
その光景を見て「皿回しは、日本を救う」は、確信に至りました。

北海道
中標津こどもクリニック
栗山 智之先生