・趣旨

「子ども力・遊び力」が日本の子どもと家族を元気にする!」

 

◆「子ども力・遊び力」とは

子どもたちがもつ「子どもらしさ」は、大人になるに従い消滅していくのが人間の成長していく姿であると思われています。

しかし「子どもらしさ」(好奇心、熱中、アニミズム、探求心、無垢な愛着心など)は年齢にかかわらず、人間として大切な特性ではないでしょうか。それらの特性を「子ども力」と定義しました。

子育てが困難になってきた今、私たち「大人」は、「子ども力」を意識的・積極的に、取り戻したりまたは培ったりする必要があります。

「子ども力」をよみがえらせるために「遊ぴ力」も必要です。早川たかしの「(皿回し)遊びのレッスン付き講演」は、「子ども力・遊ぴ力」を「大人」に甦らせます。「遊び力」が身に付けば、子どもとのコミュニケーシヨン力や子どもき理解する力が高まるでしょう。

 

・事業内容

◆子育て支援事業の一環としての「遊び支援」を普及と確立

  「遊びのレッスン付き講演」  

  講演形態時間など  講演の申込書

◆親子ふれあい遊び普及事業

  「親子ふれあい遊びワークショップ」 

  ※2013年雪遊びワークショップ開催予定

  受講者の感想その1 その2

 

◆子どもの遊び支援者の育成事業

  「遊び師養成講座」※2013年より再開予定

 

◆子育て支援関連の情報提供

  「通信の発行」

 

◆子育て支援グッズの販売

  (「おもちゃの駄菓子屋」、「書籍」)